親知らずの歯を抜こう

親知らずの歯を残していることで、腰痛などの体調不良が出ることがあります。かみ合わせが原因です。

親知らずの歯を抜こう

親知らずの歯が残ることで体調不調がある

腰がいたいという人がいるということです。昔といいますとそういう人が多かったということです。昔の人は、農業に従事する人が多かったです。特に昔といいますと、今のように自動で行うような道具はありません。畑を耕すにしても、田植えをするにしても人が手で行わなければならないということです。田植えの姿勢といいますとかがみながら行います。耕すときにおいても、腰に負担を与えていそうです。かなりつらい思いをしているかもしれません。

腰が痛いというとき、通常は腰への負担ということが原因と考えます。ですから、問題があれば腰を安静にしたり、固定、さらに冷やしたり、温めたりということをすることになるのでしょう。そうすることで症状がましになることもあるということです。でも原因が違うところにあるといくら治療をしても痛みがなくならないということになります。そのときの原因に意外な部分があるということです。それは、歯です。親知らずが原因になっているということです。

なぜ腰痛の原因になるかです。それはかみ合わせが狂うことがあるということです。奥歯の紙合わせがきちんと行われることで、力を入れたりすることができます。上手くできない場合、右に偏ったり、左に偏れば、体にも影響することになります。そういったずれから、腰痛などに影響してくるということです。腰痛というのは一つの例で、その他の体の痛みに影響してくることがあるということです。体調不調があるときは原因として考えることになります。