親知らずの歯を抜こう

私の会社の後輩が、親知らずの歯を抜いた話を聞いたことから、親知らずについて調べてみました。

親知らずの歯を抜こう

親知らずの歯について

私は、会社の後輩が去年親知らずを抜歯したと話を聞きました。彼女は、抜歯した後痛くて、スープ状のものしか食べられないと言っていて、見ていて少し可哀想でした。私は、親知らずを歯医者さんに指摘された事も、抜歯したこともなかったので、親知らずとはどんなものなのか調べてみました。親知らずを放っておくと、親知らずから菌が入ってしまい歯茎が腫れてしまう危険性があります。そのため、親知らずが生えてくると痛いという感覚が出るのですぐに気がつけると思います。

しかし、それを放っておくと、菌の感染が顎の下や喉へ、最悪の場合は心臓にまで感染してしまうこともあるそうです。それ位危険がある事なので、痛みを感じたらすぐに歯医者に行くべきだと分かりました。しかし、私は抜歯は怖いと思い、抜歯をしないで済む方法がないものかと調べてみました。すると、抜歯しなくて良いケースもある事が分かりました。親知らずを抜かずに済むために必要なことは、早期発見と早期治療だそうです。もし、抜歯になる場合、抜歯した後痛みなどが完全に落ち着くまでに一ヶ月ほどかかってしまうそうです。

とはいっても、親知らずが見つかって細菌による痛みがあり、抜歯しか方法がないのなら、早期に抜歯するべきだと思いました。痛みに対する恐怖はありますが、麻酔もあるし、私の後輩も泣かずに抜歯を出来たのだから大丈夫だと思います。歯は一緒付き合って行くものなので、歯のトラブルは早急に対処しなければと今回調べてみて、改めて思いました。