親知らずの歯を抜こう

親知らずはあっても意味はありませんし、虫歯になりやすいので歯を抜いてしまってもいいと思います。

親知らずの歯を抜こう

親知らずの歯を抜こう

親知らずは17歳から20歳くらいに生えてくる人も多いです。親知らずは普通に生活をするのに必要のない歯ですから、抜歯をしてもいいと思います。親知らずは一番奥の場所に生えるので、歯磨きもしずらいですし、虫歯にもなりやすいです。まら親知らずが生えることで頭痛がするという人もいますし、必要ないと思った人は抜歯してしまうのが一番いいと思います。抜歯には麻酔を打って手術するので痛みもあまりありません。親知らずが生えない人もいますし、大きくなってから突然生えてくる人もいます。上だけ生えて、下は生えない人もいますし親知らずは様々なケースがあるので、病院に行って相談してみるといいと思います。私の知り合いは親知らずが大人になてきてかた生えてきたので、歯医者で抜いたみたいです。抜くのには最初は恐怖もあったそうですが、歯医者ではしっかり麻酔も打ってもらって治療をしたみたいなので痛みもさほどなく、簡単に親知らずを抜くことができたと言っていました。

親知らずは私も生えていますが、そのままにしてあります。時間があれば抜歯も考えていますが、あったらあったで特に不便もないのでそのままにしてあります。親知らずを抜く人は多いですが、私のようにそのままにしている人もいるということもあります。親知らずが生えないのが一番楽だとは思いますが、もし生えてきて邪魔だなと感じる人は思い切って抜歯をしてしまうのがいいかもしれません。親知らずは場合によっては斜めに生えてきている場合もあるので、その場合は手術が難しくなってしまいます。抜歯しやすいようにまっすぐに生えてきていると先生も親知らずを抜きやすいと思います。親知らずは抜いた後は記念にもらうこともできるので、自分の歯の記念としてもらって保管しておいても楽しいと思います。親知らずは部分的に生えている人もいますし、全部しっかち生えている人もいますし、親知らずの生えかたには個人差があります。

おすすめリンク

  • 矯正歯科についてはこちらのサイトが便利です。